医学部予備校にかかる費用とは

それなりの出費は覚悟しておかなければなりません

医学部というと数ある学部のなかでも入学試験の難易度がもっとも高い学部といわれています。
それだけに入学してからの費用もかなりの金額、具体的にいえば年間の学費だけでも1000万円を軽く突破してしまうことがあります。
そして医学部に受験をめざす人たちが集う予備校のほうも、やはりそれなりの出費は覚悟しておかなければなりません。
地域によっても経営主体によってもまったく異なる場合が多いものの、一般的な医学部予備校の年間の授業料を考えると、下は200万円程度から上は500万円程度までといわれています。
その他にも入学金その他の諸費用がかかりますので、これにプラスして50万円から100万円程度は余裕をみておいたほうがよいはずです。
これは他の学部の場合と比較してみれば、おそらくは数倍もの費用がかかっていることになります。
ただしそれも実際に大学に進学してからかかる分の金額と比較すればまだ安いといえなくもないことから、単純に金額だけで判断するのも早計といえます。
また同じ予備校ではあっても特進クラスや選抜クラスのような特別に成績が優秀な学生たちを集めたクラスと、その他の一般コースとにわかれる場合も少なくはありません。
この場合は一般コースのほうが高額になるケースが多いほか、全寮制などの特色ある教育を打ち出しているために、入寮生活を送るための費用が別に必要とされることもあります。
寮生活をともなうのであれば年間100万円程度のイメージでみておいたほうがよいといえますが、このなかには食費なども加味されていますので、たとえば同じ地域で類似の単身アパートやマンションで生活する場合を考えてみれば、あながち金額が高いともいいきれません。

4週間ぶりの予備校だーw
てか1週間ちょいでセンターやから公募で受からなきゃ今頃必死に勉強してたんやろなー
公募で第1志望受かったは良いけどやっぱ推薦で受かると勉強のモチベめっちゃ下がるからそこがやばい、特に医学部の俺は予め勉強しとかないとついていけなくなりそう
抑高校卒業試験受かるかw

— キッドカット (@kid_chisa) 2020年1月9日

それなりの出費は覚悟しておかなければなりません費用が高額となってしまう背景には、やはり医学部予備校の特殊性がある特待生のような制度なら経済的な負担なしに目的を果たすことが可能